山本海事行政書士事務所は取扱規程の作成を主にマイナンバー対応をサポートします!

罰則規定

 罰則規定があることをご存知ですか?

マイナンバーは個人情報の一種である「特定個人情報」に該当し、法令違反には厳しい罰則規定があります。

 罰則規定の内容は?

マイナンバー漏洩による主な罰則規定

マイナンバーには重要な個人情報が紐づくことから、漏えい時には個人情報保護法以上に厳しい罰則が科される可能性があります。
また、規模の大小問わず全ての企業、個人事業主に適用されます。

  • 故意による漏洩
     4年以下の懲役
     または200万円以下の罰金
     または併科
  • 業務上知りえた情報を漏洩又は盗用
     3年以下の懲役
     または150万円以下の罰金
     または併科
  • 偽りその他不正な手段により個人情報カードを取得
     6ヵ月以下の懲役 
     または50万円以下の罰金


 その他にも・・・

社会的制裁として
 信用失墜・取引停止・損害賠償などの損害・ダメージが考えられます。



powered by QHM 6.0.1 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional